足が攣る原因、予防と対策

睡眠中に足が攣って大変だったという思いをされたことはないですか

この足のつる原因は、
☆体の冷え
☆血行不良
☆カルシウム、マグネシウム不足
☆運動不足または筋肉疲労
☆水分不足か大量の汗
☆病気ー肝臓、腎臓障害、動脈硬化、甲状腺機能低下などが考えられます。

また妊娠中の女性が血行不良で常時足がむくんだり、
無理に靴やベルトなどで体を締め付けることで足が攣ることもあります。

暴飲暴食などもつる原因になります。

そしてこの攣る場所ですがふくらはぎだったり太ももだったり、
指が痙攣する事もあります。
太ももが攣る場合は、内側だったりうしろ側だったり前だったりします。

まず、とりあえずの応急処置として、つった箇所をゆっくり伸ばします。
それから攣った箇所を温めます。

それでは、足が攣らないように予防するにはどうしたら良いのでしょうか?

何らかの理由で血行が悪くなって体が冷えていると
筋肉が固くなってきます。
筋肉どうしのバランスがくずれて
固い部分が出来てきたります。この固い部分の筋肉が異常に縮んで
攣る原因になるのです。

風呂あがりなどに足をもむことを習慣にしたり、足首を回したり、
優しく太ももの筋肉やふくらはぎの筋肉を伸ばすストレッチをします。

足が攣りやすい方は、足を冷やさないようにしたり、
水分やミネラルを補ってください。

ミネラルとしては、カルシウム、カリウムの他
マグネシウムが重要な要素です。
マグネシウムはアーモンドなどのナッツ類やゴマに多く含まれています。
また玄米や大豆、海藻類にも含まれていますので普段の食生活で、
積極的に補うと良いですね。


足のマッサージにこれオススメですよ。








お気に入りサイト